Screen Shot 2019-01-10 at 3.26.13 AM


フォロワー少ないしE判定かなと思ってましたが、ランクはCで評価も「ブレイク1歩手前」で悪くなかったです。

自分の弱点は「アイコンネームスコア(プロフィールを見てもらえるか)」でした。



もっと興味を持ってもらえるようなアイコンにした方がいいそうです。

顔出し、または個性的なイラスト。

早速試してみようと思います。


この分析ですが、なんとこの情報量で無料です。

結果も1日で返ってきますので、フォロワーもっと増やしたいけど、何していいかわからない。。。という悩みを持っている方はぜひ試してみてください。

自分の強みと弱さがわかると、やる気が上がります。


そして、この結果を元に

「自分の場合、プロフィールを見てもらえる可能性は低いけど、見てもらったあとはフォローしてもらえる確率が高いな」と気づきました。

つまり、私の場合、プロフィールを見れば「この人はこういう人なんだ(おそらく、悪い人だとは思われていない)」と気に入ってもらえるのです。ただ、入り口が狭い(魅力的でない)。

原因1:アートアナリストという肩書きとツイート内容がマッチしていない。

これは完全に自分の怠けです。作品作りやアートの分析に時間がかかってしまい、「今日は書評でいいや」など逃げてしまっています。。。
また、アートの分析は知識が必要で、それが今の自分にはあるかといえば、ない。


でも、自分の場合はフォロワーを増やすより、肩書きを先に作って自分を追い詰めるのが目的なので、この肩書きのままツイートの内容をアート寄りにしていきます。作品もたくさん晒していきます。
「下手だし」と作品を出すのを躊躇していましたが、よーく考えると「下手なところから上手くなる過程」も立派なコンテンツです。どんどん晒していきます。


原因2:具体的にどんなことをしている人なのかわかりにくい。

これは最初の原因にも被っちゃうんですが、作品を晒しているわけでもないしブログが有名でもないので、「この人は何をしているんだろう」と興味を持ってもらえる可能性が著しく低い。
「自分はこれをしています」と作品を提示するのは、自己紹介するよりもインパクトがある。ましてや、気軽に会う関係でもないネット環境ならば。



このことにうすうす気づいていながら、「まずはブログとツイートを習慣にするのが大事」と、何もしてこなかった自分と向き合うきっかけをもらいました。
無駄にすることなく、いい報告ができるように作品とアートの考察をどんどんしていきます。
自分の弱さに向き合うと、あとはやるだけだという状況に立たされるので、みんなのツイッター分析はおすすめです。
これ精度が高すぎて、今後有料になるのでは?と個人的に思っています。

なので、無料のうちに一度お試しするのをお勧めします!